生活お役立ち情報

【郵便物が土曜日は休配に】いつから始まるの?変更点は?

2020年10月16日

郵便物が土曜休配

郵便物の土曜配達が休配になる見通しという事で、新聞などに取り上げられていますね!

郵便物は毎日ポストに取りに行くことが習慣の方も多いのではないでしょうか?

私たちにとって身近な郵便。

これが、いつからどう変わるのか、一緒に見ていきましょう!

 

郵便物の土曜休配はいつから始まるの?

郵便物の土曜休配は、2021年秋ごろを予定しているとのことです。

本当であれば、関連する改正法案を今年からスタートする予定だったそうなのですが、日本郵政グループによる「かんぽ問題」により延期になったそうです。

 

今までとの変更点は何?

郵便配達が土曜休配になることで、どんな事がが変わるのでしょうか?

現在変更後
配達日数週6日週5日
休み日曜、祝日日曜、祝日、土曜
配達する義務原則3日以内原則4日以内

主に、上記のようなことが変更になる予定です。

総務省は、こういった内容の郵便法改正案を26日召集の臨時国会に提出する予定とのことです。

aya

この法案が可決されると、来年の秋ごろには郵便物の土曜日休配がスタートします。

 

郵便物が土曜休配になる理由とは

なぜ、郵便物が土曜日休配となったのでしょうか?

郵便物が土曜休配になる理由

  1. 人手不足
  2. 郵便物の減少
  3. 業績悪化

上記の3つの理由により、日本郵政が総務省に郵便物の土曜休配を求めたということです。

確かに最近は年賀状もあまり送らなくなったり、電子承認やメールといったビジネスのデジタル化もあり、郵便物を送る機会は少なくなりましたよね。

日本郵政によると、郵便物の土曜休配が実現すれば、約620億円の収益改善が図れるみたいです。

多くの方にとって、普段の生活であまり支障はないように思いますが、急ぎの書類などは週末をはさまないように、早めの準備を心がける方がいいかもしれません。

 

\こちらの記事もおすすめ/

児童手当の改正2020はいつから
【徹底解説】児童手当の減額基準が夫婦合計に変更されるのはいつから?

政府が、高所得世帯向けに子供一人当たり月5,000円給付している特例給付を、廃止する方向で検討していることが公表されました。 しかし、注目すべきはここからで、児童手当の減額基準を、夫婦どちらか収入の高 ...

続きを見る

-生活お役立ち情報
-,

© 2021 DeliFul Powered by AFFINGER5